レーザー微細加工で日本復活!

レーザー微細加工で日本復活!

レーザー微細加工はレーザー加工機で行われます。

レーザー加工機は従来の刃物による切削機械と違い、アタッチメントの交換をすれば、さまざまな加工が可能で、比例してあらゆる商業工作に応用できます。

当然、注目も高いのですが、その加工機のメーカーの多くは日本にあります。

これはなかなか面白い傾向だと思います。

盆栽などに見られる日本独特の小型化文化は、現在の「ナノ化」と呼ばれるミクロ志向に合うのかもしれません。

ましてや日本は物作りの国。

製造業はいまだ世界のトップクラスに君臨しています。

まさにレーザー微細加工は、日本の得意分野と言えるのではないでしょうか。

これを上手く追い風にしてもらいたいですね。

経済発展が著しく、インフラ整備も活発な後進国では、レーザー加工機の需要が増えているのだそうです。

加工の効率もいいレーザーは、今後日本のヒット商品となるかもしれません。

事実、レーザー加工機の市場は拡大しているし、日本を救う材料ともなりえるのです。