レーザー微細加工のニーズ

レーザー微細加工のニーズ

多くの分野で小型化が進んでいる昨今、レーザー微細加工のニーズは増え続けています。

小さくすればするほど、いろいろなことが可能となります。

昔のSF映画で、人間を不思議なビームでものすごく小さくして、脳の病気の人の体内に入りこみ、直接治療するのがありましたが、医療などは微細加工の恩恵を受ける代表ではないかと思います。

器機が小型になれば、身体の隅々まで検査・処置ができるようになるでしょう。

デジタル時代でもあり、コンピューターの性能を上げる精密な部品も、たくさん必要になってきます。

いずれは眼鏡や腕時計のように軽量化され、楽に携帯できるパソコンもできるはずです。

多くの家電も類にもれず、小型化が進んでいます。

今や微細加工なしで、化学は発展しないのではないかと思える感じです。

そのためにはもっとレーザー微細加工が世に知られ、優秀な技術者を育ててゆかなくてはなりません。

時代に乗り遅れないために、微細加工業界のさらなる向上を急がなくてはなりません。