レーザー微細加工のメリット

レーザー微細加工のメリット

当たり前のように使われているレーザーですが、その放射装置はなんだかんだ言って高額です。

一家に一台というわけにはいきません。

「便利なのかもしれないけれど、昔からある刃物でじゅうぶんじゃないの」と思うのは当然です。

工場などの大量生産で使うものとはいえ、安くもないレーザーで加工するのに、何かメリットがあるのでしょうか。

まずレーザーはいわゆる「刃こぼれ」がありません。

たくさんのものを加工すれば、どんな器具も消耗します。

包丁なら切れなくなり、研ぐか、買い替えが必要になります。

レーザー微細加工なら心配はありません。

また、よく切れる包丁でも、トマトなんかだと、切る力で潰れてしまうなんてことがよくあります。

レーザーは力で切るのではなく、その心配も少ないのです。

機械の部品などは精密さが求められます。

トマトなら不揃いでもまあ許されるでしょうが、部品は小さなミスも命取りになりかねません。

レーザー微細加工は正確に加工できる強みがあるのです。